株式会社全日本教育研究会
ロボット系研修
ロボット系研修
HOME >  研修一覧 >  ロボット系講座

ロボット

3D-CADの基礎が身につく2日間 ※2日間受講必須

機械設計(自動車/航空機/建機)の業界では、設計のツールに3D-CADが使用されており、
設計者の操作習得は必須スキルとなっています。
最先端の機械製品の設計開発には、3D-CADが欠かせません。
設計期間の短期/人員配備の最適化/コスト削減において、重要な役割を果たすからです。
但し3D-CADは高額且つ内容が高度なため、簡単に学習ができません。
設計者を目指す方のために、学習の環境を持って頂くため、コース開設しております。

工学系(機械/電気/情報)出身の方が多いですが、情報系や文系の方でも習得は可能です。
設計業務に従事したい方、自動車が好きな方、PC操作が得意な方が受講されます。
生産技術業務や、機械部品の製造・組立の経験者の方が設計領域に進まれる場合にも、有効的な研修内容です。

図面を初めてご覧になる方や、文系の女性の方、異業種からの転身者の方も、
数年後には、第一線で設計業務を行うまでになっている実例が多数あります。
特殊なソフトと後ろ髪を引かれず受講されてみると、新たな発見と道が開けると思います。

●おすすめ受講対象者
ハイテク製品(自動車/航空機/建機/医療機器/家電/etc)の設計に携わりたい方
AutoCADなどの2D-CADスキルを伸ばしたい方
3D-CADについてスキルの初歩から学びたい方

※3D-CADは、CATIAかSolidWorksをご使用します。(ご相談可能)

ロボット

【3月講座】産業用ロボット特別教育講座(教示等) 

【よくわかる!!産業用ロボット特別安全教育(教示等)】・・・修了証発行・・・

!必ず2日間の受講をしてください。!

本講習は労働安全衛生法第59条に基づき就業に必要な知識を付与するための教育です。
労働安全衛生法では、産業用ロボットの教示等の業務に従事する者に、特別な教育を行うことを義務付けています。
当スクールでは事業者に代わり次の要領で「産業用ロボットの教示等の業務」特別教育を開催いたします。

受講後、修了証を発行いたします。
アクセス抜群!! (新宿駅 徒歩7分)

-----------------------------------------------------------------------------
労働安全衛生法第59条(安全衛生教育)
事業者は、労働者を雇い入れたときは、当該労働者に対し、厚生労働省令で定めるところ(注1)により、その従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を行なわなければならない。

2 前項の規定は、労働者の作業内容を変更したときについて準用する。
3 事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところ(注2)により、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならない。

(注2)特別教育
特別教育が必要な業務が労働安全衛生規則第36条に定められています。

-----------------------------------------------------------------------------

労働安全衛生規則第36条32
産業用ロボツトの可動範囲内において行う当該産業用ロボツトの検査、修理若しくは調整(教示等に該当するものを除く。)若しくはこれらの結果の確認(以下この号において「検査等」という。)(産業用ロボツトの運転中に行うものに限る。以下この号において同じ。)又は産業用ロボツトの可動範囲内において当該産業用ロボツトの検査等を行う労働者と共同して当該産業用ロボツトの可動範囲外において行う当該検査等に係る機器の操作の業務
-----------------------------------------------------------------------------

受講対象:

ロボット

RPA基礎講座

話題に乗り遅れない! RPA知るなら今!でしょ♪

RPAは業務自動化を実現する技術として年々注目度が高まっています。
少子高齢化による労働力不足により一人一人の負担も大きくなっており、
その負担を減らし、生産性を高める手段として企業ではRPAの導入が進められています。
市場も10年後には3倍に成長すると予測されており、RPAに対する期待が高いことがうかがえます。


  「RPAって聞いたことあるけどいまいちよくわからない」
  「ロボットが業務の代行ってどういうこと?」
  「プログラミング経験ないけど大丈夫かな」

といった方でも分かりやすくRPAの基本をご紹介していきます。一人一台のPC環境で、「WinActor」を実際に触って体感できます。

☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★
  ~話題に乗り遅れない! RPA知るなら今!でしょ♪~
☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★☆*★

これから就職する方、子育ても一段落して再就職を考えている方、転職を考えている方・・・今後、知っておいて損はないRPAの知識。
自身のスキルの幅を広げましょう!

ロボット

【2月講座】産業用ロボット特別教育講座(キャンペーン)

教示

本講習は労働安全衛生法第59条に基づき就業に必要な知識を付与するための教育です。
労働安全衛生法では、産業用ロボットの教示等の業務に従事する者に、特別な教育を行うことを義務付けています。
当スクールでは事業者に代わり次の要領で「産業用ロボットの教示等の業務」特別教育を開催いたします。

受講後、修了証を発行いたします。

ロボット

建築業界トレンドのBIMを習得する3日間 ※3日間受講必須

施工管理業務に新しい風を吹かせる
本講習は、世の中の潮流に合わせ、BIMソフトの代表「Revit」操作を習得して頂くことを目的に開設しました。

建築/建設業界では、長く2D図での業務が続いておりましたが、現在では3D(BIM)での業務へ移行されつつあります。
大企業での導入はほぼ完了の段階まできており、現場でBIMソフトを活用できる人材が求められています。
現役の技術者は、まだまだ新しいツールへ移行しきれていないなか、社内システムだけはBIMへの切替が進み、BIMが浸透しきれずにいます。
各企業の現場では、専門のオペレーターチームが設置されているところもあり、今BIMを使用できれば、貴重な存在として役立てる事間違いなしです。

Revit(BIM)は建物を3Dで表示してくれるので、複雑な建物をスムーズに認識することができます。
建物の作成の仕方を一通り実施し、コンポーネントの集計やレンダリング(表示設定関連)など、BIMならではの機能の紹介を致します。
現在、BIMを活用できる人は多くはないので、貴重なスキルを身に着ける事ができます。

●以下のような方々におすすめの講習です。
・建築業務に携わりたい
・3D-CADソフトを使用した業務に興味がある
・最新のツールで施工管理を行いたい

ロボット自己啓発

機械製図 基礎研修

エンジニアへの第1歩!

ものづくりはお好きですか?
皆さんの周りで形があるもの、例えばテレビや自動車、ボールペン、ペットボトル、洋服…
その全てに設計図があります。

「品質」の重要性
ものづくりにおける「品質」の重要度は申しあげるまでもありません。
品質が悪ければ、それを購入しようと思えませんよね。
品質の中でも「設計品質」を支える「図面」は、工程管理の前段階での情報伝達手段として重要であり、「製図法」の正しい理解と応用は、ものづくりに携わる方々にとりましては「必須項目」であると言えます。 設計開発業務で必須の図面は、「描く/読む」のに機械製図の知識が必要です。

本講習では設計に必要な基礎知識の "基本の「き」" を学習します。

「製図」を学習するのは工学系の方々が中心のため、一般の方々はなかなか接する機会がありません。
ひょっとしたら「図面が行きかう職場で“たまたま”覚えてしまった」や「独学で学習してできちゃった」と言ったこともあるかもしれません。
しかし、製図は、機械・電気・建築・建設の開発工程において共通項になっており、
必須知識となっているため、様々な出自の方々にちゃんと学んで頂けるようコース開設しました。

●こんな方にお勧めです
・一度しっかり学びたい
・形あるものを創る仕事に関わる予定のある方(設計、施工、品質、企画、特許 等)
・ものづくりの職場での就労を希望されている方
・学生時代に学んだが、知識を呼び起こしたい方

ロボット

【2月講座】産業用ロボット特別教育講座

教示

本講習は労働安全衛生法第59条に基づき就業に必要な知識を付与するための教育です。
労働安全衛生法では、産業用ロボットの教示等の業務に従事する者に、特別な教育を行うことを義務付けています。
当スクールでは事業者に代わり次の要領で「産業用ロボットの教示等の業務」特別教育を開催いたします。

受講後、修了証を発行いたします。

講習を検索する

閉じる

研修受講に際して疑問・不安・ご希望などをお伺いし、ご案内いたします。お気軽にお問合わせください。

 
(株)全日本教育研究会

(株)全日本教育研究会
東京都新宿区西新宿1-25-1
新宿センタービル46F

Tel.03-5909-8780
(受付時間 月~金 9:00~18:00 土日祝休み)


03-5909-8780
(受付時間 月~金 9:00~18:00 土日祝休み)

(株)全日本教育研究会アクセスマップ
(株)全日本教育研究会アクセスマップ
開校したい方
受講申込