▼ご予約はこちらから

個人予約

法人お問い合わせ

株式会社全日本教育研究会

Robot

ロボット系講座

HOME >  スクーリング >  ロボット系講座

ロボット

産業用ロボット特別教育講座

教示

本講習は労働安全衛生法第59条に基づき就業に必要な知識を付与するための教育です。
労働安全衛生法では、産業用ロボットの教示等の業務に従事する者に、特別な教育を行うことを義務付けています。
当スクールでは事業者に代わり次の要領で「産業用ロボットの教示等の業務」特別教育を開催いたします。

受講後、修了証を発行いたします。

ロボット

産業用ロボット特別教育講座(教示等) 

【よくわかる!!産業用ロボット特別安全教育(教示等)】・・・修了証発行・・・

!必ず2日間の受講をしてください。!

本講習は労働安全衛生法第59条に基づき就業に必要な知識を付与するための教育です。
労働安全衛生法では、産業用ロボットの教示等の業務に従事する者に、特別な教育を行うことを義務付けています。
当スクールでは事業者に代わり次の要領で「産業用ロボットの教示等の業務」特別教育を開催いたします。

受講後、修了証を発行いたします。
アクセス抜群!! (新宿駅 徒歩7分)

-----------------------------------------------------------------------------
労働安全衛生法第59条(安全衛生教育)
事業者は、労働者を雇い入れたときは、当該労働者に対し、厚生労働省令で定めるところ(注1)により、その従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を行なわなければならない。

2 前項の規定は、労働者の作業内容を変更したときについて準用する。
3 事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところ(注2)により、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければならない。

(注2)特別教育
特別教育が必要な業務が労働安全衛生規則第36条に定められています。

-----------------------------------------------------------------------------

労働安全衛生規則第36条32
産業用ロボツトの可動範囲内において行う当該産業用ロボツトの検査、修理若しくは調整(教示等に該当するものを除く。)若しくはこれらの結果の確認(以下この号において「検査等」という。)(産業用ロボツトの運転中に行うものに限る。以下この号において同じ。)又は産業用ロボツトの可動範囲内において当該産業用ロボツトの検査等を行う労働者と共同して当該産業用ロボツトの可動範囲外において行う当該検査等に係る機器の操作の業務
-----------------------------------------------------------------------------

受講対象: